一般の方にもできる 塗装のコツは・・・

 
最初にすることは・・・
  ホームセンターで塗料を買ってきましょう。 どこに塗るかで、塗料の種類が変わって行
  きます。
  よ〜く選んで購入しましょう。 「屋根・外壁・木部 etc・・」

 ステップ1
  材料よりも、塗料に対する理解力が優先
  たとえ、どんなに良い材料を使用しても塗装面に対しもっとも適した材料を使用してい
  るかどうか? が注意する点です。
  塗料を吸い込まない素材 (アルミ・プラスチック etc・・) に塗っても直ぐに剥がれてし
  まいます。
  この場合は、塗料との密着をよくする為に(プライマー)を先に塗って から、主要材料
  を塗ると良いでしょう。
  木部面や、シミ面には、(シーラー)を先に塗っておくと、
  木部面は塗料の 吸込みが止まり、シミは浮出てくるのが止まります。


 ステップ2
  
実際に塗装してみましょう。
  用意する物(新聞紙・ガムテープ・塗料を入れる容器・刷毛・ローラー、軍手 など)
  最初に、新聞を敷き材料を置くスペースをつくる。
  次に汚れてはいけない所を、ガムテープや新聞などで汚れないよう(養生)する。
  刷毛で塗る前に刷毛が新品であれば毛を十分に手でほぐして下さい。
  最初にしないと塗っている時に、毛が結構抜けてきますので・・・

  それでは、実際塗ってみましょう。
  ・刷毛塗り編
  塗料を平均的に配り横に伸ばして行きます。
  塗料を均等に伸ばすことにより、仕上がりが綺麗に見えるのです。
  次は縦に塗料を
着け伸ばして行きます。50〜60cm間隔で 進んで行きましょう。
  刷毛と、刷毛のつながり時に塗料が乾かぬように注意して ください。
  塗料を刷毛に着ける時にいっぱい着けてはダメです。
  塗料がポタポタこぼれて まわりが汚れてしまいます。

  ・ローラー編
  特徴> 刷毛よりも早く塗ることが出来て、なおかつ均等に塗りやすい。ローラー模様
  が出来る。

  デメリット>無色透明な塗料(クリヤー関係)には使用は控えたほうが良い。
  ローラーは クリヤー関係の塗料を塗ると気泡がとても目立ちます。
  以上のことをふまえて作業に入りましょう。 ローラー作業のコツは、焦らずゆっくり

  
寧に転がしてください。 早く転がしすぎると塗料が、顔や腕に飛び散り汚れてしまいま
  す。
  力を入れて転がすと、転がした線が目立つ時がありますのでその時は、その線を優し
  く転がしてあげてください。


 最後に・・・・・・・
  
準備が一番大事です。専門用語で段取り八割・仕事二割という言葉が ありますので、
  下準備は昔からとても大事であるといわれております。
  頭の中でしっかりと準備をし
てから作業に取り掛かると効率よく作業 ができます。
  以上のことが、理解できれば彼方もペンキ屋さん!!
  なお、わからないことやチョットした相談やご自宅の調査もふまえて連絡お待ちしてお
  ります。
                                                  
   戻る

株式会社阿部塗装店 〒001-0905札幌市北区新琴似5条1丁目3番18号 TEL(011)709-2233 FAX(011)709-2244
  ©2007 ABEtosouten Co., Ltd. All Rights Reserved